ECCジュニアの教材費とテキストの内容【年中・年長クラス】

子ども英語教室の口コミ・評判

ECCジュニアに入会前に思ったことが教材費が高いなぁ~ということ。授業料は、それほど高いとは感じなかったけど、教材は一括購入なので「財布に厳しい~」と感じました。

ECCジュニアの教材のシステムや内容についてまとめてみます。

初回で購入する教材費一覧

スクールバック

指定のスクールバックを購入します。1,990円です。

兄弟のお下がりがある場合を除き、必ず購入しないといけません。手持ちのカバンでの通学はなぜかNGです。

ECCの印刷が入ったかなり頑丈なカバン。ポケットも3個ついています。リュックとショルダーバックと手提げかばんとして使える3WAYタイプ。

毎回持ち運ぶテキストがそれなりに重たいので、幼児だとリュックタイプで使うほうが便利です。

年齢コース別の教材セット

年中・年長(PB)の教材一式

教材は受講するコース別にセット販売されています。

年少スタンダード【PT】14,770円
年中・年長スタンダード【PB】17,920円
年中・年長スーパーラーニング【SB】10,270円
小学校1~3年スタンダード【PF】17,920円
小学校1~3年スーパーラーニング【SF】10,270円
小学校4~6年スタンダード【PE】17,920円
小学校4~6年スーパーラーニング【SE】10,270円

テキスト、CD/DVD、ワークブックなどがすべてコース別に一式販売になっています。バラ売りは基本的にはナシかな?

兄弟受講の場合の使いまわし割引もある

兄弟割と言っていいかわかりませんが、教材のおさがりを使うことができます。ただし、おさがりできない教材もあります。

  1. 消耗品のワークや宿題のシート
  2. 教材のリニューアルがあったときの旧教材

書き込み式のワークや、宿題のシートは消耗品なので新しく買い直す必要があります。その他のテキストやDVDなどは使いまわしできます。

ただし、教材セットも定期的に見直されているので、リニューアルした年度は使い回しができません。年齢の離れた兄弟だと、使い回しができるのはスクールバックくらいになってしまいます・・・

消耗品のみの購入の場合は、2,000円~10,000円程度の教材費でした。年齢が低いコースほど安く(少なく)、年齢があがるほど書き込み式の消耗品が多い傾向があります。

年中・年長クラス【PB】の教材一覧

ストーリーブック1~3

英語の絵本です。一冊にいくつかのお話が収録されています。おはなしは、名作系なので知っているお話が多いと思います。

実際のレッスンでは、英語劇として再現するようで、セリフの練習が宿題に出されます。

このテキストは自宅に置いておいて、レッスンには持ち運びしない教材です。

ワークブック

書き込み式のワークブックです。

レッスンに持っていて、レッスン時間内で取り組みます。毎回、花丸をもらってドヤ顔で持ち帰ってきます。

ホームワークシート

A4サイズで切り離して使うシート。宿題です。

初回レッスンで先生に預けて、毎回レッスン後に1枚ずつ配布されて自宅で取り組みます。A4両面で、4~5問程度の問題です。

量は少ないものの、CDやDVDを見ないと取り組めないので準備が大変です。

UEブック

授業で使っているらしいですが・・・よくわかりません(^_^;)

ピクチャーカードセット

これ開封前の写真なんですが・・・200枚くらいの名刺大カードが入っています。

これに1枚ずつ名前をかくのが、地獄のような作業でした・・・子供向けの単語帳という役割で使うようです。

CD/DVD

テキストや宿題と連動した教材です。CDは2枚組になっています。

内容自体は悪くないのですが、出先では使いにくいので、会員サイトでストリーミング配信とかしてくれたら良いのに・・・と思います。

このあたりが、時代に追いつけてない感はありますね。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました